新着情報

注目を集めているWEB関連の資格ランキング

no.1

WEBリテラシー試験

「WEBリテラシー試験」はWEBデザイナー・ディレクター・プロデューサーの3種類の職種に必要な知識をまとめて学習できるため、非常に人気が高いです。ライティング業務をこなす上で必要なビジネス知識を身に付けることが可能で、これからWEBライターとして活動する人に向いています。合格率は年によって異なりますが、毎年60%前後を記録しています。試験時間は90分で、85問が出題される仕組みです。

no.2

WEBプロデュース試験

先程紹介したWEBリテラシー試験とは違って、マネジメントの分野に特化したのが「WEBプロデュース試験」です。本格的にライターとして活躍したい人に支持されています。記事の作成を依頼する企画者と、実際に記事を書く制作者の両方の立場を知ることができます。企画者の考えを理解した上で記事を作成した方が高く評価されやすいので、ライティングスキルを磨ける資格と言えるでしょう。

no.3

ビジネス著作権検定

ライティング業務において固有名詞を使う時に便利な資格として、「ビジネス著作権検定」が挙げられます。著作権に関する知識を学べるため、トラブルを未然に防げる可能性が高いです。ライティング業務以外の職種でも通用するので、さまざまなシーンで活用できます。ベーシック・初級・上級の3種類が設けられ、自分の目的に合わせてレベルを選択できることが特徴です。

no.4

Word文書処理技能認定試験

WEBプロデュース試験同様に、プロのライターとして活躍したいなら「Word文書処理技能認定試験」を受けると良いかもしれません。企画書や書類を作成する知識及び技術を学べるので、非常に便利です。企画者とやり取りする時に見やすい書類を作成すれば、良い関係を築けるでしょう。また、パソコン初心者がタイピングを練習する時にも活用できる資格です。

no.5

IMA検定

正式名称「Internet Marketing Analyst検定」、通称「IMA検定」はWEBマーケティングに関する資格です。ライターは記事を作成するだけではなく、情報収集能力も必要不可欠となります。世間一般でどのようなジャンルが求められているか知ることで、質の高い記事を作成できます。実践的なトレーニングを取り入れているので、暗記型の資格よりスピーディーに技術が身に付きやすいです。

ライティング技術を磨けるWEBライティング技能検定合格で一歩前進

勉強

WEBライティング技能検定とは

ランキング形式で紹介した5つの資格以上に人気が高まっているのは、「WEBライティング技能検定」です。その名の通りライティングに関する技術を磨ける資格を指します。初心者は基礎的なライティング技術を身に付け、上級者は能力をアップできることが魅力です。WEBライティング技能検定を所持していれば「一定のスキルが備わっている」ことをアピールできるので、仕事を発注して貰える可能性が高まります。また、能力を高めれば、自信をつけることにも繋がるでしょう。ライティング技術だけではなく、ライターとして活躍するためのビジネスマナーを学ぶことも可能です。WEB上で月1回のペースで開催されているので、やる気があれば誰でも簡単に受けられます。

試験内容について

試験時間は90分で、選択式の択一問題と実践的な能力が試されるライティング問題の2種類が用意されています。択一問題はテキストに記載されている内容が中心なので、しっかり勉強していれば問題ないでしょう。ライティング問題はテーマとキーワードが提示されて、200~400文字程度の文章を作成します。提示されるテーマの内容が分からないので、さまざまなジャンルや形式に対応できるように対策を練ることが大切です。注意点や減点事項を事前にチェックしておくと、合格する可能性が高まります。また、オンライン試験システムを導入しているため、正しい操作方法や流れを確認する必要があります。模擬試験も用意されているので、合格したい人は是非活用してください。

取得するメリット

WEBライティング技能検定を取得後、特定のサイトに登録すれば報酬がアップする特典が設けられていることがあります。つまり、資格を取得するだけで、効率良く稼げるということです。これまでと同じ文字数でも作業単価が上がるので、スピーディーに稼げることが最大のメリットとなります。

[PR]WEBライティング技能検定を受けよう
在宅ワークをしたいなら要チェック!

[PR]WEBライティング技能検定を受けよう
役立つ情報を徹底リサーチ☆

[PR]学校で保育士の資格を取ろう
実習研修が豊富♪

[PR]司法書士の解答速報サービスを利用しよう
試験対策ピッタリ♪

広告募集中